フローレグループ

輝く生き方を創造するフローレグループ

代表挨拶

代表挨拶

ピンチはチャンス

”当たり前”がそうでなくなった昨年。
コロナウィルスは、地球に何の目的できたのでしょうか?
”現象は全て必然である”とはよく聞きます。

それでは、人類史上最大の混乱とも言われたこのパンデミックをどう捉えるのか?

私は経営者として、母として、人間として、また女性として、これを考えてみました。
するとこのようなキーワードが頭をよぎりました!

「怯えるな!こんな時代にそ明るくいよう!」

もし、コロナに”意思”があるならば、”何か訴えたいのではないか?”そう感じ、向き合ってみました。
すると、たくさんの気づきが得られました。

・平和に外に出られること
・思いっきり働けること
・好きな場所に行けること
・健康な体で入れること

これらの気づき全てに感謝できました。
そして、こうも思いました。

”当たり前がずっとあると思うなよ。地球への無駄・無茶・無礼を改めよ!!!”

それは(コロナは)、怪我の巧妙とも言うべき、ヘッドオフィスを構えた(1月)直後に到来しました。
おかげで、ヘッドオフィスに一日中居れ他た私は、誰にも邪魔をされず、何の勧誘もなく、誰からのお誘いも受けることなく、仕事に没頭できました。

今では、zoom会議が当たり前になっていますが、私たちは主婦のマッハ級の情報網により、zoomシステムをどこよりも取り入れていたため、会わずともコミュニケーションを取ることができ、新しい企画を次々に誕生させることができました。

コロナによる休校で困っているご家庭には、子どもたちの居場所を作り、事業所全てを開放しました。
”困ったときはお互い様”。
これを合言葉に、みんなで乗り越えてきました。

”笑顔を忘れず今に感謝できて、栄養をしっかりとり、プラスの言葉と仲間がいれば必ず乗り切っていける!”

そう実感した1年でした。
そして更に私たちは強くなりました!

会社の成長はスタッフの成長であり、スタッフの成長こそが今のフローレグループをつくっています。
これから、何があろうとも、”逆境に強く、しなやかに美しく戦う”。
この姿勢で、果敢に挑戦してまいります。

合言葉は、「Go to フローレモデル!!」

「フローレモデル」とは、昨年のフローレフェスティバルで誕生した造語で、”女性が新しいスタイルで活躍できる、我が社のような会社のこと”です。

皆様が輝く人生でありますよう、フローレグループ一丸となって邁進いたします!

フローレグループ最高責任者 大江かおり